研究業績 (Publication List)

北原 鉄朗 / Tetsuro Kitahara


学位論文 (Thesis)

  1. 北原 鉄朗: "Computational Musical Instrument Recognition and Its Application to Content-based Music Information Retrieval", 博士論文 京都大学大学院情報学研究科, February 2007. [Slide in pdf] (第2回京都大学総長賞受賞)

章分担 (Book Chapters)

  1. 北原 鉄朗: "自動採譜", 音響キーワードブック, 日本音響学会 (Eds.), コロナ社, March 2016.
  2. Tetsuro Kitahara: "Mid-level Representations of Musical Audio Signals for Music Information Retrieval", Advances in Music Information Retrieval, Studies in Computational Intelligence 274, Zbigniew W. Ras and Alicja A. Wieczorkowska (Eds.), Springer, February 2010.

学術論文 (Journal Papers)

  1. Syunpei Suzuki and Tetsuro Kitahara: "Four-part Harmonization Using Bayesian Networks: Pros and Cons of Introducing Chord Nodes", Journal of New Music Research, Vol.43, No.3, pp.331--353, September 2014.
  2. 松原 正樹, 深山 覚, 奥村 健太, 寺村 佳子, 大村 英史, 橋田 光代, 北原 鉄朗: "創作過程の分類に基づく自動音楽生成研究のサーベイ", コンピュータソフトウェア(日本ソフトウェア科学会 学会誌), Vol.30, No.1, pp.101--118, March 2013.
  3. Hiromasa Fujihara, Masataka Goto, Tetsuro Kitahara, and Hiroshi G. Okuno: "Singing Voice Representation Robust to Accompaniment Sounds and Its Application to Singer Identification and Vocal-timbre-similarity-based Music Information Retrieval", IEEE Transaction on Audio, Speech, and Language Processing, Special Issue on Signal Models and Representation of Musical and Environmental Sounds, Vol.18, No.3, pp.638--648, March 2010.
  4. 北原 鉄朗, 勝占 真規子, 片寄 晴弘, 長田 典子: "ベイジアンネットワークを用いた自動コードヴォイシングシステム", 情報処理学会論文誌, 特集「音楽情報処理」, Vol.50, No.3, pp.1067--1078, March 2009. [Paper in pdf]
  5. 橋田 光代, 松井 淑恵, 北原 鉄朗, 片寄 晴弘: "ピアノ名演奏の演奏表現情報と音楽構造情報を対象とした音楽演奏表情データベースCrestMusePEDBの構築", 情報処理学会論文誌, 特集「音楽情報処理」, Vol.50, No.3, pp.1090--1099, March 2009.
  6. Tetsuro Kitahara, Masataka Goto, Kazunori Komatani, Tetsuya Ogata, and Hiroshi G. Okuno: "Instrogram: Probabilistic Representation of Instrument Existence for Polyphonic Music", IPSJ Journal, Special Issue on Convenient, Familiar Music Information Processing, Vol.48, No.1, pp.214--226, January 2007. [Paper in pdf] (第3回IPSJ Digital Courier船井若手奨励賞)(also published in IPSJ Digital Courier Vol.3, No.1, pp.1--13)
  7. Tetsuro Kitahara, Masataka Goto, Kazunori Komatani, Tetsuya Ogata, and Hiroshi G. Okuno: "Instrument Identification in Polyphonic Music: Feature Weighting to Minimize Influence of Sound Overlaps", EURASIP Journal on Advances in Signal Processing, Special Issue on Music Information Retrieval based on Signal Processing, Vol.2007, No.51979, pp.1--15, 2007. [Paper in pdf]
  8. 北原 鉄朗, 後藤 真孝, 駒谷 和範, 尾形 哲也, 奥乃 博: "多重奏を対象とした音源同定: 混合音テンプレートを用いた音の重なりに頑健な特徴量の重みづけ および音楽的文脈の利用", 電子情報通信学会論文誌, Vol.J89-D, No.12, pp.2721--2733, December 2006. [Paper in pdf]
  9. 藤原 弘将, 北原 鉄朗, 後藤 真孝, 駒谷 和範, 尾形 哲也, 奥乃 博: "伴奏音抑制と高信頼度フレーム選択に基づく楽曲の歌手名同定手法", 情報処理学会論文誌, 特集「情報処理技術のフロンティア」, Vol.47, No.6, pp.1831--1843, July 2006. [Paper in pdf]
  10. Tetsuro Kitahara, Masataka Goto, and Hiroshi G. Okuno: "Pitch-dependent Identification of Musical Instrument Sounds", Applied Intelligence, Vol.23, No.3, pp.267--275, December 2005. [Paper in pdf]
  11. 石田 克久, 北原 鉄朗, 武田 正之: "N-gramによる旋律の音楽的適否判定に基づいた即興演奏支援システム", 情報処理学会論文誌, 特集「インタラクション:技術と展開」, Vol.46, No.7, pp.1549--1559, July 2005. [Paper in pdf]
  12. 北原 鉄朗, 後藤 真孝, 奥乃 博: "音響的類似性を反映した楽器の階層表現の獲得とそれに基づく未知楽器のカテゴリーレベルの音源同定", 情報処理学会論文誌, 特集「音楽情報科学」, Vol.45, No.3, pp.680--689, March 2004. [Paper in pdf]
  13. 北原 鉄朗, 後藤 真孝, 奥乃 博: "音高による音色変化に着目した楽器音の音源同定:F0依存多次元正規分布に基づく識別手法", 情報処理学会論文誌, Vol.44, No.10, pp.2448--2458, October 2003. [Paper in pdf] (電気通信普及財団 第19回テレコムシステム技術学生賞 受賞)

ショートペーパー (Short Papers published in Journals)

  1. Tetsuro Kitahara, Shunsuke Hokari, and Tatsuya Nagayasu: "Supporting Jogging at an Even Pace by Synchronizing Music Playback Speed with Runner's Pace", IEICE Transactions on Information and Systems (Letter), Vol.E98-D, No.4, pp.968--971, April 2015.
  2. 土屋 裕一, 北原 鉄朗: "音符を単位としない旋律編集のための旋律概形抽出手法", 情報処理学会論文誌(テクニカルノート), Vol.54, No.4, pp.1302--1307, April 2013.
  3. 北原 鉄朗, 戸谷 直之, 徳網 亮輔, 片寄 晴弘: "BayesianBand:ユーザとシステムが相互に予測し合うジャムセッションシステム", 情報処理学会論文誌(テクニカルノート), 特集「エンターテインメントコンピューティング」, Vol.50, No.12, pp.2949--2953, December 2010.
  4. 石田 克久, 北原 鉄朗, 武田 正之: "N-gramによる即興演奏の旋律補正", 情報処理学会論文誌(テクニカルノート), 特集「音楽情報科学」, Vol.45, No.3, pp.743--746, March 2004. [Paper in pdf]

国際会議 (International Conference Proceedings)

  1. Tetsuro Kitahara and Masaki Matsubara: "Extracting Melodic Contour Using Wavelet-based Multi-resolution Analysis", Proceedings of the 9th International Workshop on Music and Machine Learning (MML 2016), pp.31--35, September 2016.
  2. Tetsu Tanahashi, Yumie Takayashiki, and Tetsuro Kitahara: "Support System for Improving Speaking Skill in Job Interviews", HCI International 2016 – Posters' Extended Abstracts, Part II, Communication in Computer and Information Science (CCIS), Vol.618, pp.182--187, July 2016.
  3. Yuya Toyoda, Saori Nakajo, and Tetsuro Kitahara: "An Android Application for Supporting Amateur Theatre", HCI International 2016 – Posters' Extended Abstracts, Part II, Communication in Computer and Information Science (CCIS), Vol.618, pp.558--563, July 2016.
  4. Masaki Otsuka and Tetsuro Kitahara: "Improving MIDI Guitar's Accuracy with NMF and Neural Net", Proceedings of the 16th Internatiol Society for Music Information Retrieval Conference (ISMIR 2015), pp.413--419, October 2015.
  5. Jun-ichi Suzuki, Naoyuki Suetsugu, and Tetsuro Kitahara: "A Music Recommender for a Group of People", The 2015 International Society of Music Information Retrieval (ISMIR 2015), Late Breaking/Demo, October 2015. (not deeply reviewed)
  6. Tetsuro Kitahara, Kosuke Iijima, Misaki Okada, Yuji Yamashita, and Ayaka Tsuruoka: "A Loop Sequencer That Selects Music Loops based on the Degree of Excitement", Proceedings of the 12th Sound and Music Computing Conference (SMC 2015), pp.435--438, July 2015.
  7. Takuya Kurihara, Naohiro Kinoshita, Ryunosuke Yamaguchi, and Tetsuro Kitahara: "A Tambourine Support System to Improve the Atmosphere of Karaoke", Proceedings of the 12th Sound and Music Computing Conference (SMC 2015), pp.515--520, July 2015.
  8. Tetsuro Kitahara, Shogo Matsukata, Masaki Matsubara, and Hiroko Terasawa: "A Preliminary Experiment of Predicting Muscle Activity from Musical Acoustic Features", Proceedings of the 7th International Workshop on Machine Learning and Music (MML 2014), November 2014. (Extended Abstract)
  9. Tetsuro Kitahara and Haruhiro Katayose: "CrestMuse Toolkit: A Java-based Framework for Signal and Symbolic Music Processing", Proceedings of 12th IEEE International Conference on Signal Processing (ICSP 2014), pp.616--620, October 2014.
  10. Masaki Otsuka and Tetsuro Kitahara: "An On-line Algorithm of Guitar Performance Transcription Using Non-negative Matrix Factorization", Proceedings of 12th IEEE International Conference on Signal Processing (ICSP 2014), pp.621--624, October 2014.
  11. Masaki Otsuka and Tetsuro Kitahara: "Towards Improvement of Transcription Accuracy of MIDI Guitar based on Integration with Audio Signal Processing", The 15th Annual Meeting of the International Society for Music Information Retrieval (ISMIR 2014), Late Breaking/Demo Session, October 2014. (not deeply reviewed)
  12. Tetsuro Kitahara and Yuichi Tsuchiya: "Short-term and Long-term Evaluations of Melody Editing Method based on Melodic Outline", Proceedings of the Joint Conference of the 40th International Computer Music Conference (ICMC 2014) and the 11th Sound and Music Computing Conference (SMC 2014), pp.1204--1211, September 2014.
  13. Tetsuro Kitahara, Shunsuke Hokari, and Tatsuya Nagayasu: "Music Synchronizer with Runner's Pace for Supporting Steady Pace Jogging", HCI International 2014 - Posters’ Extended Abstracts, Communications in Computer and Information Science, Vol.435, pp.343--348, Springer, June 2014.
  14. Kazuki Kogure, Masahiro Yoshinaga, Hikaru Suzuki, and Tetsuro Kitahara: "A Spoken Dialogue System for Noisy Environment", HCI International 2014 - Posters’ Extended Abstracts, Communications in Computer and Information Science, Vol.435, pp.577--582, Springer, June 2014.
  15. Syunpei Suzuki and Tetsuro Kitahara: "Four-part Harmonization Using Probabilistic Models: Comparison of Models With and Without Chord Nodes", Proceedings of the 10th Sound and Music Computing Conference (SMC 2013), pp.628--633, August 2013.
  16. Yuichi Tsuchiya and Tetsuro Kitahara: "Melodic Outline Extraction Method for Non-note-level Melody Editing", Proceedings of the 10th Sound and Music Computing Conference (SMC 2013), pp.762--767, August 2013.
  17. Shogo Matsukata, Hiroko Terasawa, Masaki Matsubara, and Tetsuro Kitahara: "Muscle Activity in Playing Trumpet: The Dependence on the Playable Pitch Region and the Experience of a Non-trumpet Brass Instrument Player", Proceedings of the Stokholm Musical Acoustics Conference 2013 (SMAC 2013), pp.529--533, August 2013.
  18. Tetsuro Kitahara, Syohei Kimura, Yuu Suzuki, and Tomofumi Suzuki: "Hummi-Com: Humming-based Music Composition System", ACM Multimedia 2012 (Technical Demo), pp.1321--1322, October 2012.
  19. Syunpei Suzuki and Tetsuro Kitahara: "Four-part Harmonization Using A Bayesian Network", The 5th International Workshop on Machine Learning and Music (MML 2012), June 2012. (Extended Abstract)
  20. Yuichi Tsuchiya and Tetsuro Kitahara: "Mutual Transform between Note Sequence and Melodic Envelope", The 5th International Workshop on Machine Learning and Music (MML 2012), June 2012. (Extended Abstract)
  21. Tetsuro Kitahara, Satoru Fukayama, Shigeki Sagayama, Haruhiro Katayose, and Noriko Nagata: "An Interactive Music Composition System based on Autonomous Maintenance of Musical Consistency", Proceedings of the 8th Sound and Music Computing Conference, pp.362--367, July 2011. [Poster in pdf]
  22. Nobuhide Yamakawa, Toru Takahashi, Tetsuro Kitahara, Tetsuya Ogata, and Hiroshi G. Okuno: "Environmental Sound Recognition for Robot Audition using Matching-pursuit", Modern Approaches in Applied Intelligence: 24th International Conference on Industrial Engineering and Other Applications of Applied Intelligent Systems, IEA/AIE 2011, Lecture Notes in Artificial Intelligence 6704, K.G. Mehrotra et al. (Eds.), pp.1--10, June 2011.
  23. Nobuhide Yamakawa, Tetsuro Kitahara, Toru Takahashi, Kozunori Komatani, Tetsuya Ogata, and Hiroshi G. Okuno: "Effects of Within- and Between-frame Temporal Variations in Power Spectra on Non-verbal Sound Recognition", Proceedings of the 11th International Congress on Spoken Language Processing (Interspeech 2010), September 2010.
  24. Tetsuro Kitahara, Naoyuki Totani, Ryosuke Tokuami, and Haruhiro Katayose: "BayesianBand: Jam Session System based on Mutual Prediction by User and System", Entertainment Computing: Proceedings of the 10th International Conference on Entertainment Computing (ICEC 2009), pp.179--184, September 2009. [Slide in pdf]
  25. Tetsuro Kitahara, Yusuke Tsuchihashi, and Haruhiro Katayose: "Music Genre Classification and Similarity Calculation Using Bass-line Features", Proceesings of the 10th IEEE International Symposium on Multimedia, Workshop on Multimedia Audio and Speech Processing (ISM 2008 MASP Workshop), pp.574--579, December 2008. [Slide in pdf]
  26. Yusuke Tsuchihashi, Tetsuro Kitahara, and Haruhiro Katayose: "Using Bass-line Features for Content-based MIR", Proceedings of the 9th International Conference on Music Information Retrieval (ISMIR 2008), pp.620--625, September 2008. [Paper in pdf] [Poster in pdf]
  27. Tetsuro Kitahara, Makiko Katsura, Haruhiro Katayose, and Noriko Nagata: "Computational Model for Automatic Chord Voicing based on Bayesian Network", Proceedings of the 10th International Conference on Music Perception and Cognition (ICMPC 2008), pp.395--398, August 2008. [Paper in pdf] [Slide in pdf]
  28. Tetsuro Kitahara, Masahiro Nishiyama, and Hiroshi G. Okuno: "Computational Model of Congruency between Music and Video", Proceedings of the 10th International Conference on Music Perception and Cognition (ICMPC 2008), August 2008. [Poster in pdf] (abstract only)
  29. Mitsuyo Hashida, Teresa M. Nakra, Haruhiro Katayose, Tadahiro Murao, Keiji Hirata, Kenji Suzuki, and Tetsuro Kitahara: "Rencon: Performance Rendering Contest for Automated Music Systems", Proceedings of the 10th International Conference on Music Perception and Cognition (ICMPC 2008), pp.53--57, August 2008. [Paper in pdf]
  30. Tetsuro Kitahara, Masataka Goto, Kazunori Komatani, Tetsuya Ogata, and Hiroshi G. Okuno: "Musical Instrument Recognizer ``Instrogram'' and Its Application to Music Retrieval based on Instrumentation Similarity", Proceesings of the 8th IEEE International Symposium on Multimedia (ISM 2006), pp.265--272, December 2006. [Slide in pdf]
  31. Katsutoshi Itoyama, Tetsuro Kitahara, Kazunori Komatani, Tetsuya Ogata, and Hiroshi G. Okuno: "Automatic Feature Weighting in Automatic Transcription of Specified Part in Polyphonic Music", Proceedings of the 7th International Conference on Music Information Retrieval (ISMIR 2006), October 2006.
  32. Hiromasa Fujihara, Tetsuro Kitahara, Masataka Goto, Kazunori Komatani, Tetsuya Ogata, and Hiroshi G. Okuno: "Speaker Identification under Noisy Environments by using Harmonic Structure Extraction and Reliable Frame Weighting", Proceedings of the International Conference on Spoken Language Processing (ICSLP 2006), September 2006.
  33. Tetsuro Kitahara, Masataka Goto, Kazunori Komatani, Tetsuya Ogata, and Hiroshi G. Okuno: "Instrogram: A New Musical Instrument Recognition Technique without Using Onset Detection nor F0 Estimation", Proceedings of the 2006 IEEE International Conference on Acoustics, Speech, and Signal Processing (ICASSP 2006), Vol.V, pp.229--232, May 2006. [Paper in pdf] [Poster in pdf] (IEEE関西支部 第3回学生研究奨励賞 受賞)
  34. Hiromasa Fujihara, Tetsuro Kitahara, Masataka Goto, Kazunori Komatani, Tetsuya Ogata, and Hiroshi G. Okuno: "F0 Estimation Method for Singing Voice in Polyphonic Audio Signal based on Statistical Vocal Model and Viterbi Search", Proceedings of the 2006 IEEE International Conference on Acoustics, Speech, and Signal Processing (ICASSP 2006), Vol.V, pp.253--256, May 2006.
  35. Tetsuro Kitahara, Masataka Goto, Kazunori Komatani, Tetsuya Ogata, and Hiroshi G. Okuno: "Instrument Identification in Polyphonic Music: Feature Weighting with Mixed Sounds, Pitch-dependent Timbre Modeling, and Use of Musical Context", Proceedings of the 6th International Conference on Music Information Retrieval (ISMIR 2005), pp.558--563, September 2005. [Paper in pdf] [Poster in pdf]
  36. Hiromasa Fujihara, Tetsuro Kitahara, Masataka Goto, Kazunori Komatani, Tetsuya Ogata, and Hiroshi G. Okuno: "Singer Identification based on Accompaniment Sound Reduction and Reliable Frame Selection", Proceedings of the 6th International Conference on Music Information Retrieval (ISMIR 2005), pp.329--336, September 2005. [Paper in pdf]
  37. Tetsuro Kitahara, Katsuhisa Ishida, and Masayuki Takeda: "ism: Improvisation Supporting Systems with Melody Correction and Key Vibration", Entertainment Computing: Proceedings of the 4th International Conference on Entertainment Computing (ICEC 2005), Lecture Notes in Computer Science 3711, F. Kishino, Y. Kitamura, H. Kato and N. Nagata (Eds.), pp.315--327, September 2005. [Paper in pdf] [Slide in pdf]
  38. Takuya Yoshioka, Tetsuro Kitahara, Kazunori Komatani, Tetsuya Ogata, and Hiroshi G. Okuno: "Automatic Chord Transcription with Concurrent Recognition of Chord Symbols and Boundaries", Proceedings of the 5th International Conference on Music Information Retrieval (ISMIR 2004), pp.100--105, October 2004.
  39. Katsuhisa Ishida, Tetsuro Kitahara, and Masayuki Takeda: "ism: Improvisation Supporting System based on Melody Correction", Proceedings of the International Conference on New Interfaces for Musical Expression (NIME 2004), pp.177--180, June 2004. [Paper in pdf]
  40. Tetsuro Kitahara, Masataka Goto, and Hiroshi G. Okuno: "Category-level Identification of Non-registered Musical Instrument Sounds", Proceedings of the 2004 IEEE International Conference on Acoustics, Speech, and Signal Processing (ICASSP 2004), Vol.IV, pp.253--256, May 2004. [Paper in pdf] [Poster in pdf]
  41. Yohei Sakuraba, Tetsuro Kitahara, and Hiroshi G. Okuno: "Comparing Features for Forming Music Streams in Automatic Music Transcription", Proceedings of the 2004 IEEE International Conference on Acoustics, Speech, and Signal Processing (ICASSP 2004), Vol.IV, pp.273--376, May 2004. [Paper in pdf]
  42. Tetsuro Kitahara, Masataka Goto, and Hiroshi G. Okuno: "Acoustical-similarity-based Musical Instrument Hierarchy and Its Application to Musical Instrument Identification", Proceedings of the 2004 International Symposium on Musical Acoustics (ISMA 2004), 3-S2-12, pp.397--300, April 2004. [Paper in pdf] [Slide in pdf]
  43. Tetsuro Kitahara, Masataka Goto, and Hiroshi G. Okuno: "Pitch-dependent Musical Instrument Identification and Its Application to Musical Sound Ontology", Developments in Applied Artificial Intelligence: Proceedings of the 16th International Conference on Industrial Engineering Applications of Artificial Intelligence and Expert Systems (IEA/AIE-2003), Lecture Notes in Artificial Intelligence 2718, P. W. H. Chung, C. Hinde and M. Ali (Eds.), pp.112--122, Springer, July 2003.
  44. Tetsuro Kitahara, Masataka Goto, and Hiroshi G. Okuno: "Musical Instrument Identification based on F0-dependent Multivariate Normal Distribution", Proceedings of the 2003 IEEE International Conference on Multimedia & Expo (ICME 2003), Vol.III, pp.409--412, July 2003. [Poster in pdf] (Reprint of the paper published in ICASSP 2003)
  45. Tetsuro Kitahara, Masataka Goto, and Hiroshi G. Okuno: "Musical Instrument Identification based on F0-dependent Multivariate Normal Distribution", Proceedings of the 2003 IEEE International Conference on Acoustics, Speech, and Signal Processing (ICASSP 2003), Vol.V, pp.421--424, April 2003. [Paper in pdf] (Cancelled because of SARS)

国内査読つき会議 (Domestic Refereed Proceedings)

  1. 北原 鉄朗, 深山 覚, 片寄 晴弘, 嵯峨山 茂樹, 長田 典子: "OrpheusBB:Human-in-the-loop型の自動作曲システム", インタラクション2011, pp.57--64, March 2011. [Slide in pdf] [Poster in pdf]
  2. 北原 鉄朗, 徳網 亮輔, 戸谷 直之, 橋本 寿政, 片寄 晴弘: "BayesianBand:旋律の予測に基づいた自動伴奏システム", インタラクション2009(インタラクティブ発表), pp.31--32, March 2009. [Paper in pdf]
  3. 戸谷 直之, 北原 鉄朗, 片寄 晴弘: "楽器構成に着目した楽曲サムネイルとプレイリスト生成機能つき音楽プレイヤー", インタラクション2008(インタラクティブ発表), pp.173--174, March 2008.
  4. 三澤 由宇, 細野 裕, 仁科 章史, 石田 克久, 北原 鉄朗, 後藤 真孝, 武田 正之: "Openism:旋律補正に基づく演奏支援機能付き遠隔地セッションシステム", Proceedings of the 13th Workshop on Interactive Systems and Software (WISS 2005), December 2005.
  5. 石田 克久, 北原 鉄朗, 武田 正之: "演奏者に振動で情報提示する鍵盤楽器「ぶるぶるくん」", Proceedings of the 12th Workshop on Interactive Systems and Software (WISS 2004), pp.59--64, December 2004.
  6. 石田 克久, 北原 鉄朗, 武田 正之: "ism:即興演奏の不自然な旋律を補正する演奏支援システム", Proceedings of the 11th Workshop on Interactive Systems and Software (WISS 2003), pp.19--24, December 2003.

国内研究会 (Domestic Technical Reports)

  1. 棚橋 徹, 高屋敷 弓恵, 北原 鉄朗: "音声の韻律分析及び表情の特徴抽出による面接支援システム", 情報処理学会 音楽情報科学 研究報告, Vol.2016-MUS-111, No.30, pp.1--5, May 2016.
  2. 大野 涼平, 森勢 将雅, 北原 鉄朗: "音声における「かわいらしさ」の知覚と聴取時間の関係性の検討", 情報処理学会 音楽情報科学 研究報告, Vol.2016-MUS-111, No.50, pp.1--5, May 2016.
  3. 栗原 拓也, 木下 尚洋, 山口 竜之介, 北原 鉄朗: "「Wiiタンバリン」を用いたタンバリン演奏支援機能付きカラオケシステム", エンタテインメントコンピューティングシンポジウム2015論文集, pp.37--39, September 2015.
  4. 鈴木 潤一, 末次 尚之, 北原 鉄朗: "友人同士で好みの楽曲を聴かせ合うスマートフォン用ミュージックプレイヤー", エンタテインメントコンピューティングシンポジウム2015論文集, pp.186--189, September 2015.
  5. 大野 涼平, 北原 鉄朗: "韻律変換実現のための一試行:高橋みなみ風の音声を小嶋陽菜風に変えてみた", エンタテインメントコンピューティングシンポジウム2015論文集, pp.483--486, September 2015.
  6. 大塚 匡紀, 北原 鉄朗: "MIDIギターの精度向上を目指した音響信号処理の検討", 情報処理学会 音楽情報科学 研究報告, 2014-MUS-103-15, May 2014.
  7. 小暮 計貴, 北原 鉄朗: "周囲の雑音やユーザーの聞き返しに基づいて音量調節を行う音声対話システム", 情報処理学会 音楽情報科学 研究報告, 2014-MUS-103-28, May 2014.
  8. 北原 鉄朗, 小暮 計貴, 吉永 眞宏, 鈴木 光: "騒音下における声の張り上げ現象の計算機による実現に向けて", 人工知能学会第39回AIチャレンジ研究会, March 2014.
  9. 山内 雅史, 篠本 亮, 西脇 絵里子, 小野澤 理沙, 北原 鉄朗: "Kinectとワイヤレスマウスを併用したダンス学習支援システムの試作", Entertainment Computing 2013 (EC 2013), October 2013.
  10. 岡田 美咲, 山下 雄史, 北原 鉄朗: "音素材の自動挿入機能を備えたループシーケンサ", 情報処理学会 音楽情報科学 研究報告, 2013-MUS-100-36, September 2013.
  11. 橋田 光代, 松井 淑恵, 北原 鉄朗, 片寄 晴弘: "定量的ピアノ演奏分析のための音楽演奏表情データベース", 情報処理学会 音楽情報科学 研究報告, 2013-MUS-99-54, May 2013.
  12. 松方 翔吾, 寺澤 洋子, 松原 正樹, 北原 鉄朗: "トランペット演奏時の音高や強度の変化が口唇周囲の筋肉に及ぼす影響", 情報処理学会 音楽情報科学 研究報告, 2013-MUS-99-39, May 2013.
  13. 鈴木 峻平, 北原 鉄朗: "ベイジアンネットワークを用いた四声体和声付け:音の前後関係を考慮したモデルを用いた検討", 情報処理学会 音楽情報科学 研究報告, 2013-MUS-99-9, May 2013.
  14. 北原 鉄朗, 江村 伯夫: "パネルディスカッション「その研究って音楽の必要あるの?」", 情報処理学会 音楽情報科学 研究報告, 2012-MUS-95-6, June 2012.
  15. 土屋 裕一, 北原 鉄朗: "旋律包絡抽出に基づく直感的な旋律編集手法", 情報処理学会 音楽情報科学 研究報告, 2012-MUS-95-9, June 2012.
  16. 鈴木 峻平, 竹内 俊雄, 佐藤 挂亮, 北原 鉄朗: "ベイジアンネットワークを用いた四声体和声付け", 情報処理学会 音楽情報科学 研究報告, 2012-MUS-95-8, June 2012.
  17. 水本 直希, 馬場 隆, 北原 鉄朗, 片寄 晴弘: "エレキギターの表情付け支援システム「Guitar-Case Maker」", 情報処理学会 音楽情報科学・音声言語情報処理 研究報告, 2012-MUS-94-30/2012-SLP-90-30, January 2012.
  18. 橋田 光代, 北原 鉄朗, 鈴木 健嗣, 片寄 晴弘, 平田 圭二: "演奏表情付けコンテストSMC-Rencon開催報告", 情報処理学会 音楽情報科学 研究報告, 2011-MUS-92-4, October 2011.
  19. 橋田 光代, 松井 淑恵, 馬場 隆, 北原 鉄朗, 片寄 晴弘: "音楽演奏表情データベースCrestMusePEDB 3.0: 収録演奏の公開とフレーズ構造記述について", 情報処理学会 音楽情報科学 研究報告, 2011-MUS-89, February 2011.
  20. 水本 直希, 北原 鉄朗, 片寄 晴弘: "事例データに基づくエレキギターの表情付けシステム", 情報処理学会 音楽情報科学 研究報告, 2009-MUS-87, October 2010.
  21. 橋田 光代, 北原 鉄朗, 鈴木 健嗣, 片寄 晴弘, 平田 圭二: "Rencon Workshop 2010: 演奏表情付けコンテスト", 情報処理学会 音楽情報科学 研究報告, 2010-MUS-86-14, July 2010.
  22. 橋田 光代, 松井 淑恵, 北原 鉄朗, 片寄 晴弘: "音楽演奏表情データベースCrestMusePEDB ver. 2.4の概要とフレーズ構造に基づく演奏データ収録状況", 情報処理学会 音楽情報科学 研究報告, 2010-MUS-85-6, May 2010.
  23. 橋田 光代, 北原 鉄朗, 鈴木 健嗣, 片寄 晴弘, 平田 圭二: "演奏表情付けコンテストEC-Rencon開催報告", 情報処理学会 音楽情報科学 研究報告, 2009-MUS-83, November 2009.
  24. 戸谷 直之, 北原 鉄朗, 片寄 晴弘: "予測型ジャムセッションシステムBayesianBandにおける可視化機能の導入", エンターテインメントコンピューティング2009, September 2009.
  25. 橋田 光代, 北原 鉄朗, 鈴木健嗣, 平田 圭二, 片寄 晴弘: "演奏表情付けコンテストEC-Rencon", エンターテインメントコンピューティング2009, September 2009.
  26. 北原 鉄朗: "CrestMuseXML Toolkitで始める音楽情報処理入門", 情報処理学会 音楽情報科学 研究報告, 2009-MUS-50-1, May 2009. [Slide in pdf]
  27. 三浦 雅展, 江村 伯夫, 北原 鉄朗, 若槻 尚斗, 藤島 琢哉, 西口 磯春, 平田 圭二, 柳田 益造, 後藤 真孝: "パネルディスカッション:作るだけでいいの?調べるだけでいいの?", 情報処理学会 音楽情報科学 研究報告,2008-MUS-78-11, Vol.2008, No.78, pp.59--66, December 2008.
  28. 橋田 光代, 片寄 晴弘, 平田 圭二, 北原 鉄朗, 鈴木 健嗣: "演奏表情付けコンテストICMPC-Rencon開催報告", 情報処理学会 音楽情報科学 研究報告,2008-MUS-78-12, Vol.2008, No.78, pp.67--72, December 2008.
  29. 北原 鉄朗, 平田 圭二, 竹川 佳成, 中野 倫靖, 森勢 将雅, 吉井 和佳: "新博士によるパネルディスカッションII「楽しくさせる音楽,楽しくさせる研究」", 情報処理学会 音楽情報科学 研究報告,2008-MUS-76-1, Vol.2008 , No.78, pp.1--4, August 2008.
  30. 橋本 祐輔, 北原 鉄朗, 片寄 晴弘: "音楽音響信号を対象とした指揮演奏システム:フェルマータ時における打楽器音抑制とスケジューラの検討", 情報処理学会 音楽情報科学 研究報告,2008-MUS-76-7, Vol.2008 , No.78, pp.33--37, August 2008.
  31. 北原 鉄朗, 片寄 晴弘: "CrestMuseXML (CMX) Toolkit ver.0.40について", 情報処理学会 音楽情報科学 研究報告,2008-MUS-75-17, Vol.2008 , No.50, pp.95--100, May 2008. [Paper in pdf]
  32. 北原 鉄朗, 小林 一樹, 片寄 晴弘: "演奏家型人形を利用した見えない演奏者の可視化の試み", インタラクション2008(ポスター発表), March 2008.
  33. 土橋 佑亮, 北原 鉄朗, 片寄 晴弘: "音響信号を対象としたベースラインからの音楽ジャンル解析", 情報処理学会 音楽情報科学/音声言語情報処理 研究報告, 2008-MUS-74-38, 2008-MUS-SLP-70-38, Vol.2008, No.12, pp.217--224, February 2008.
  34. 勝占 真規子, 北原 鉄朗, 片寄 晴弘, 長田 典子: "ベイジアンネットワークを用いたコード・ヴォイシング推定システム", 情報処理学会 音楽情報科学/音声言語情報処理 研究報告, 2008-MUS-74-29, 2008-MUS-SLP-70-29, Vol.2008, No.12, pp.163--168, February 2008.
  35. 藤田 徹, 北原 鉄朗, 片寄 晴弘, 長田 典子: "アーティストの個性を表す音楽的特徴に関する一考察", 情報処理学会 音楽情報科学/音声言語情報処理 研究報告, 2008-MUS-74-35, 2008-MUS-SLP-70-35, Vol.2008, No.12, pp.199--204, February 2008.
  36. 後藤 真孝, 亀岡 弘和, 北原 鉄朗, 平賀 譲, 緒方 淳, 戸田 智基: "パネルディスカッション「``音''研究の未来」", 情報処理学会 音楽情報科学/音声言語情報処理 研究報告, 2008-MUS-74-10, 2008-SLP-70-10, Vol.2008, No.12, pp.57--58, February 2008.
  37. 北原 鉄朗, 後藤 真孝, 奥乃 博, 片寄 晴弘: "楽器音認識技術を用いた音楽の可視化", Proceedings of Entertainment Computing 2007 (EC2007), pp.145--148, October 2007. [Slide in pdf]
  38. 橋田 光代, 松井 淑恵, 北原 鉄朗, 酒造 祐介, 片寄 晴弘: "音楽演奏表情データベースCrestMusePEDB ver1.0の公開について", 情報処理学会 音楽情報科学 研究報告,2007-MUS-72-1, Vol.2007, No.102, pp.1--6, October 2007.
  39. 北原 鉄朗, 橋田 光代, 片寄 晴弘: "音楽情報科学研究のための共通データフォーマットの確立を目指して", 情報処理学会 音楽情報科学 研究報告,2006-MUS-66-12, Vol.2007, No.81, pp.149--154, August 2007. [Slide in pdf]
  40. 平田 圭二, 梶 克彦, 亀岡 弘和, 北原 鉄朗, 齋藤 毅, 武田 晴登, 橋田 光代: "新博士にょるパネルディスカッション1「博士への道のりと将来への夢」", 情報処理学会 音楽情報科学 研究報告,2007-MUS-71-7, Vol.2007, No.81, pp.39--42, August 2007.
  41. 安部 武宏, 北原 鉄朗, 糸山 克寿, 柳田 益造: "撥弦の物理モデルを用いた音響信号からのパラメータ推定", 日本音響学会音楽音響研究会資料, MA2006-91, pp.35--40, March 2007.
  42. 西山 正紘, 北原 鉄朗, 駒谷 和範, 尾形 哲也, 奥乃 博: "マルチメディアコンテンツにおける音楽と映像の調和度計算モデル", 情報処理学会 音楽情報科学 研究報告,2007-MUS-69, Vol.2007, No.15, pp.31--36, February 2007.
  43. 浜中 雅俊, 竹川 佳成, 岩井 憲一, 高橋 直也, 中野 倫靖, 大石 康智, 糸山 克寿, 北原 鉄朗, 吉井 和佳: "デモンストレーション:若手による研究紹介IV", 情報処理学会 音楽情報科学 研究報告,2006-MUS-67-3, Vol.2006, No.113, pp.9--14, October 2006.
  44. 北原 鉄朗, 後藤 真孝, 駒谷 和範, 尾形 哲也, 奥乃 博: "Instrogram: 発音時刻検出とF0推定の不要な楽器音認識手法", 情報処理学会 音楽情報科学 研究報告,2006-MUS-66, Vol.2006, No.90, pp.69--76, August 2006. [Paper in pdf] [Slide in pdf]
  45. 浜中 雅俊, 竹川 佳成, 橋田 朋子, 元川 洋一, 馬場 哲晃, 日暮 圭, 中野 倫靖, 吉井 和佳, 松原 正樹, 梶 克彦, 北原 鉄朗: "デモンストレーション:若手による研究紹介III", 情報処理学会 音楽情報科学 研究報告,2006-MUS-66-10, Vol.2006, No.90, pp.55--61, August 2006.
  46. 浜中 雅俊, 李 昇姫, 池月 雄哉, 石原 一志, 北原 鉄朗, 野池 賢二, 中野 倫靖, 梶 克彦, 岡 良典, 平田 圭二, 松田 周, 青木 忍, 上田 健太郎: "デモンストレーション:若手による研究紹介II", 情報処理学会 音楽情報科学 研究報告,2005-MUS-61-5, Vol.2005, No.82, pp.27--33, August 2005.
  47. 藤原 弘将, 北原 鉄朗, 後藤 真孝, 駒谷 和範, 尾形 哲也, 奥乃 博: "伴奏音抑制と高信頼度フレーム選択に基づく楽曲中の歌声の歌手名同定手法", 情報処理学会 音楽情報科学 研究報告,2005-MUS-61-16, Vol.2005, No.82, pp.97--104, August 2005.
  48. 北原 鉄朗, 石田 克久, 武田 正之: "振動機能付鍵盤楽器「ぶるぶるくん」を用いた即興演奏支援システム", 情報処理学会 音楽情報科学 研究報告,2005-MUS-60-5, Vol.2005, No.45, pp.25--30, May 2005. [Slide in pdf]
  49. 北原 鉄朗, 後藤 真孝, 奥乃 博: "混合音テンプレートを用いた多重奏の音源同定", 情報処理学会 音楽情報科学 研究報告,2004-MUS-56-9, Vol.2004, No.84, pp.57--64, August 2004.
  50. 吉岡 拓也, 北原 鉄朗, 尾形 哲也, 奥乃 博: "和音区間検出と和音名同定の相互依存性を解決する和音認識手法", 情報処理学会 音楽情報科学 研究報告,2005-MUS-56-6, Vol.2004, No.84, pp.33--40, August 2004.
  51. 浜中 雅俊, 北原 鉄朗, 石田 克久, 谷井 章夫, 竹川 佳成, 吉井 和佳, 宮下 芳明, 上 田 健太郎: "デモンストレーション:若手による研究紹介", 情報処理学会 音楽情報科学 研究報告,2004-MUS-56-6, Vol.2004, No.84, pp.27--32, August 2004.
  52. 北原 鉄朗, 後藤 真孝, 奥乃 博: "TimbreTree:音色の類似度に基づいた楽器の階層的分類", 日本音響学会 音楽音響研究会 資料, MA2004-7, Vol.23, No.2, pp.13--18, June 2004.
  53. 吉岡 拓也, 北原 鉄朗, 尾形 哲也, 奥乃 博: "音楽音響信号を対象とした和音進行の認識", 日本音響学会 音楽音響研究会 資料, MA2004-8, Vol.23, No.2, pp.19--24, June 2004.
  54. 石田 克久, 北原 鉄朗, 武田 正之: "ism:即興演奏支援のためのリアルタイム旋律補正システム", 情報処理学会 ヒューマンインターフェース研究会/音楽情報科学研究会 研究報告, 2003-HI-106-2, 2003-MUS-52-2, Vol.2003, No.111, pp.9--15, November 2003.
  55. 北原 鉄朗, 後藤 真孝, 奥乃 博: "音響的特徴に基づく楽器の階層表現の獲得とそれに基づくカテゴリーレベルの楽器音認識の検討", 情報処理学会 音楽情報科学 研究報告,2003-MUS-51-9, Vol.2003, No.82, pp.51--58, August 2003.
  56. 吉井 和佳, 北原 鉄朗, 櫻庭 洋平, 奥乃 博: "自己組織化マップによる教師なしクラスタリングを利用したドラム演奏の自動採譜", 情報処理学会 音楽情報科学 研究報告,2003-MUS-51-8, Vol.2003, No.82, pp.43--40, August 2003.
  57. 後藤 真孝, 平田 圭二, 片寄 晴弘, 平井 重行, 濱中 雅俊, 武田 晴登, 北原 鉄朗: "パネルディスカッション「音楽情報処理研究者\{に,が\}望むこと」", 情報処理学会 音楽情報科学 研究報告,2003-MUS-51-5, Vol.2003, No.82, pp.25--28, August 2003.
  58. 北原 鉄朗, 後藤 真孝, 奥乃 博: "楽器音を対象とした音源同定:音高による音色変化を考慮する識別手法の検討", 情報処理学会 音楽情報科学 研究報告,2002-MUS-46-1, Vol.2002, No.63, pp.1--8, July 2002.
  59. 北原 鉄朗, 後藤 真孝, 奥乃 博: "音高による音色変化に着目した音源同定手法", 情報処理学会 音楽情報科学 研究報告,2001-MUS-40-2, Vol.2001, No.45, pp.7--14, May 2001.

全国大会 (Domestic Convension Papers)

  1. 小泉 遼, 岩崎 順, 長村佳祐, 北原鉄朗: "カラオケにおける音痴の改善支援のための予備調査", 情報処理学会 第78回全国大会, 1Q-06, March 2016. (学生奨励賞受賞)
  2. 栗原拓也, 横溝有希子, 竹腰美夏, 馬場哲晃, 北原鉄朗: "カラオケを盛り上げるためのタンバリン演奏支援システム:複数人プレイへの対応", 情報処理学会 第78回全国大会, 1Q-07, March 2016.
  3. 大内彬裕, 北原鉄朗: "ギター弾き語り演奏を入力した自動編曲システムの試作", 情報処理学会 第78回全国大会, 2Q-07, March 2016.
  4. 中條早織, 豊田裕也, 北原鉄朗: "Androidを用いた演劇支援のためのUnity3Dアプリケーションの開発", 情報処理学会 第78回全国大会, 6Z-05, March 2016.
  5. 高屋敷弓恵, 棚橋 徹, 北原鉄朗: "面接技能向上のための自己PR支援システム", 情報処理学会 第78回全国大会, 6X-02, March 2016.
  6. 鈴木潤一, 北原鉄朗: "友人同士で好みの楽曲を聴かせ合うスマートフォン用ミュージックプレイヤー:楽曲推薦手法の一改善", 情報処理学会 第78回全国大会, 6B-03, March 2016.
  7. 大野 涼平, 森勢 将雅, 北原鉄朗: "アニメ風音声への加工のための韻律分析", 日本音響学会 2016年春季研究発表会 講演論文集, 3-P-30, March 2016.
  8. 佐藤 愛, 北原 鉄朗, 寺澤 洋子, 松原 正樹: "トランペット演奏時の口唇周囲および腹部の筋活動と音響的特徴の関係", 日本音響学会 2016年春季研究発表会 講演論文集, 2-10-7, March 2016.
  9. 北原 鉄朗: "音符表現によらない旋律の木構造表現の予備検討", 人工知能学会第29回全国大会, 2C4-OS-21a-2, May 2015.
  10. 小暮計貴, 北原鉄朗: "周囲の雑音に基づき音量調節を行う音声対話システム:セミブラインド音源分離の導入の検討", 情報処理学会第77回全国大会, 5P-04, March 2015.
  11. 飯島孔右, 鶴岡亜也佳, 北原鉄朗: "手書き入力で盛り上がりをコントロールするループシーケンサ:スペクトログラムからの盛り上がり度の自動割り振り", 情報処理学会第77回全国大会, 2S-03, March 2015.
  12. 鈴木潤一, 末次尚之, 北原鉄朗: "複数ユーザー間での楽曲推薦を実現するミュージックプレイヤー", 情報処理学会第77回全国大会, 3S-04, March 2015. (学生奨励賞受賞)
  13. 木下尚洋, 栗原拓也, 山口竜之介, 北原鉄朗: "カラオケを盛り上げるためのタンバリン演奏支援システム", 情報処理学会第77回全国大会, 4P-03, March 2015.
  14. 大塚匡紀, 北原鉄朗: "MIDIギターと音響信号処理の統合によるギター演奏の自動採譜の検討", 情報処理学会第77回全国大会, 5S-02, March 2015.
  15. 北原 鉄朗, 土屋 裕一: "旋律を簡約・操作する一手法", 人工知能学会第28回全国大会, 1K4-OS-07a-3, May 2014.
  16. 松方 翔吾, 寺澤 洋子, 松原 正樹, 北原 鉄朗: "トランペット演奏時における音響特徴量から筋活動量への変換", 日本音響学会2014年春季研究発表会講演論文集, 1-5-2, March 2014.
  17. 土屋 裕一, 北原 鉄朗: "旋律概形を用いた作曲支援システム:ユーザビリティ実験の報告", 情報処理学会第76回全国大会, 1R-2, March 2014. (学生奨励賞受賞)
  18. 鈴木 峻平, 北原 鉄朗: "ベイジアンネットワークを用いた四声体和声付け:コードノードの有無による出力結果の比較", 情報処理学会第76回全国大会, 2R-2, March 2014. (学生奨励賞受賞)
  19. 小林 彩夏, 林  義久, 中根 晴香, 北原 鉄朗: "マッシュアップ音楽作成のための選曲支援の一検討", 情報処理学会第76回全国大会, 6R-3, March 2014. (学生奨励賞受賞)
  20. 鈴木  光, 吉永 眞宏, 小暮 計貴, 北原 鉄朗: "雑音環境下のための音声案内システム:周囲の雑音レベルに合わせた音量の自動調整", 情報処理学会第76回全国大会, 6S-1, March 2014.
  21. 小暮 計貴, 吉永 眞宏, 鈴木  光, 北原 鉄朗: "雑音環境下のための音声案内システム:ユーザの聞き返しに基づく音量の自動調整", 情報処理学会第76回全国大会, 6S-2, March 2014.
  22. 西脇 絵里子, 小野澤 理紗, 北原 鉄朗: "ユーザーの習熟度に合わせた初心者向けダンス学習支援システム", 情報処理学会第76回全国大会, 4ZD-7, March 2014.
  23. 松方 翔吾, 北原 鉄朗: "トランペット演奏時における口唇周囲の筋活動と音響情報の関係性について", 日本音響学会2013年春季研究発表会講演論文集, 1-1-7, March 2013.
  24. 大塚 匡紀, 北原 鉄朗: "ギター演奏者のためのリアルタイムベースライン生成システム", 日本音響学会2013年春季研究発表会講演論文集, 1-1-14, March 2013.
  25. 山下 雄史, 岡田 美咲, 北原 鉄朗: "手書き入力によって盛り上がりをコントロールするループシーケンサ", 日本音響学会2013年春季研究発表会講演論文集, 1-1-16, March 2013.
  26. 鈴木 峻平, 北原 鉄朗: "確率推論を用いた四声体和声の自動生成 -讃美歌データベースによる実験結果の報告-", 日本音響学会2013年春季研究発表会講演論文集, 1-1-8, March 2013.
  27. 帆苅 隼佑, 長安 達也, 北原 鉄朗: "ジョギングのペースに再生速度を同期させるスマートフォン用音楽プレイヤー", 情報処理学会第75回全国大会, 4W-4, March 2013.
  28. 岡田 風由子, 後藤 駿典, 小林 一樹, 北原 鉄朗: "ロボットを用いたメッセージ着信通知の一手法", 情報処理学会第75回全国大会, 6ZA-2, March 2013. (学生奨励賞受賞)
  29. 山内 雅史, 篠本 亮, 北原 鉄朗: "Kinectを用いたダンス学習支援システムの開発", 情報処理学会第75回全国大会, 2ZG-7, March 2013. (学生奨励賞受賞)
  30. 北原 鉄朗: "CrestMuse Toolkit: ロボット聴覚ソフトウェアHARKとの連携", 電子情報通信学会2013年総合大会, D-14-12, March 2013.
  31. 吉永 眞宏, 鈴木 光, 北原 鉄朗: "Kinectを用いた音源定位の性能評価", 電子情報通信学会2013年総合大会(ISS学生ポスターセッション), ISS-P-268, March 2013.
  32. 松本 大希, 滝口 恭平, 小高 大典, 北原 鉄朗: "複数人が共有する場のためのBGM選曲手法の検討", 日本音響学会2012年春季研究発表会講演論文集, 2-6-8, March 2012.
  33. 土屋 裕一, 北原 鉄朗: "旋律編集の一手法", 日本音響学会2012年春季研究発表会講演論文集, 3-6-14, March 2012.
  34. 鈴木 峻平, 竹内 俊雄, 佐藤 桂亮, 北原 鉄朗: "確率推論を用いた四声体和声の自動生成", 日本音響学会2012年春季研究発表会論文集, 3-6-15, March 2012.
  35. 木村 翔平, 鈴木 優, 鈴木 智文, 北原 鉄朗: "音楽理論に基づいた鼻歌作曲支援システム“ハミコン”", 日本音響学会2012年春季研究発表会講演論文集, 3-6-16, March 2012.
  36. 山川 暢英, 北原 鉄朗, 高橋 徹, 尾形 哲也, 奥乃 博: "擬音語と環境音の音響的関係性を考慮した環境音to擬音語変換システム", 2011年度人工知能学会全国大会, 1C2-OS4b-4, June 2011.
  37. 山川 暢英, 北原 鉄朗, 高橋 徹, 尾形 哲也, 奧乃 博: "ロボット聴覚のためのMatching Pursuitによる複数環境音の同定", 情報処理学会 第73回全国大会講演論文集, 6P-3, March 2011.
  38. 山川 暢英, 高橋 徹, 北原 鉄朗, 尾形 哲也, 奥乃 博: "ロボット聴覚のための Matching-Pursuit による環境音の分離音認識", 日本ロボット学会第28回学術講演会, 1H2-4, September 2010.
  39. 山川 暢英, 北原 鉄朗, 高橋 徹, 駒谷 和範, 尾形 哲也, 奥乃 博: "環境音から擬音語への自動変換における特徴量抽出法の検討", 情報処理学会第72回全国大会, 3U-9, March 2010.
  40. 水本 直希, 北原 鉄朗, 片寄 晴弘: "エレキギターにおける演奏情報の特徴抽出", 情報処理学会第72回全国大会, 5T-1, March 2010.
  41. 村主 大輔, 森勢 将雅, 北原 鉄朗, 片寄 晴弘: "奄美大島民謡風歌声合成のためのコブシに着目した歌声の特徴分析", 情報処理学会第72回全国大会, 6U-4, March 2010.
  42. 北原 鉄朗, 片寄 晴弘: "MIDIデータのベロシティを異なる音源に適応させる試み", 日本音響学会2008年秋季研究発表会 講演論文集,1-9-16, September 2008. [Slide in pdf]
  43. 小林 一樹, 北原 鉄朗: "効率的なロボットプログラミング環境の実現に向けて", 第22回人工知能学会全国大会,2G1-1, May 2008.
  44. 北原 鉄朗, 後藤 真孝, 奥乃 博, 片寄 晴弘: "Instrogram:多重奏中の楽器構成に関する確率論的表現法", 電子情報通信学会2008年総合大会, AS-5-4, March 2008.
  45. 風谷 真志, 北原 鉄朗, 片寄 晴弘: "確率文脈自由文法を用いた事例参照型自動作曲システム", 情報処理学会 第70回全国大会,3X-3, March 2008.
  46. 北原 鉄朗, 橋田 光代, 片寄 晴弘: "音楽情報処理のための共通データフォーマットCrestMuseXML−全体構想と基本設計方針−", 日本音響学会2007年秋季研究発表会 講演論文集,2-1-4, September 2007.
  47. 西山 正紘, 北原 鉄朗, 駒谷 和範, 尾形 哲也, 奥乃 博: "マルチメディアコンテンツにおける音楽と映像の調和に関する分析", 情報処理学会 第70回全国大会,2N-6, March 2007.
  48. 清水 敬太, 北原 鉄朗, 駒谷 和範, 尾形 哲也, 奥乃 博: "OnomaTree:擬音語と木構造を併用した環境音検索インターフェース", 情報処理学会 第69回全国大会,3N-7, March 2007.
  49. 北原 鉄朗, 後藤 真孝, 駒谷 和範, 尾形 哲也, 奥乃 博: "Instrogramを用いた類似楽曲検索", 日本音響学会2006年秋季研究発表会 講演論文集,2-7-1, September 2006. [Slide in pdf]
  50. 糸山 克寿, 北原 鉄朗, 駒谷 和範, 尾形 哲也, 奥乃 博: "多重奏中特定パートの自動採譜における複数特徴量の自動重み付け", 情報処理学会 第68回全国大会,2L-6, March 2006. [Paper in pdf]
  51. 西山 正紘, 北原 鉄朗, 駒谷 和範, 尾形 哲也, 奥乃 博: "標題音楽アノテーションのための階層的物語タグの設計", 情報処理学会 第68回全国大会,3L-6, March 2006. [Paper in pdf]
  52. 田口 明裕, 北原 鉄朗, 石原 一志, 駒谷 和範, 尾形 哲也, 奥乃 博: "擬音語表現を利用した環境音のためのXMLタグの設計と自動付与", 情報処理学会 第68回全国大会,3L-7, March 2006. [Paper in pdf]
  53. 北原 鉄朗, 後藤 真孝, 駒谷 和範, 尾形 哲也, 奥乃 博: "Instrogram:楽器存在確率に基づく音楽視覚表現法", 日本音響学会2006年春季研究発表会 講演論文集,2-2-13, March 2006. [Paper in pdf]
  54. 藤原 弘将, 北原 鉄朗, 後藤 真孝, 駒谷 和範, 尾形 哲也, 奥乃 博: "調波構造抽出と高信頼度フレーム選択を用いた雑音下での話者識別", 日本音響学会2006年春季研究発表会 講演論文集,1-11-17, March 2006. [Paper in pdf]
  55. 海尻 聡, 石原 一志, 北原 鉄朗, Valin Jean-Marc, 駒谷 和範, 尾形 哲也, 奥乃 博: "ロボットによる周囲状況把握のための雑音下での環境音認識", 計測自動制御学会 第6回システムインテグレーション部門講演会 (SI2005), December 2005.
  56. 北原 鉄朗, 後藤 真孝, 駒谷 和範, 尾形 哲也, 奥乃 博: "混合音からの特徴量テンプレート作成と音楽的文脈の利用による多重奏の音源同定", 日本音響学会2005年秋季研究発表会 講演論文集,3-10-15, September 2005. [Slide in pdf]
  57. 北原 鉄朗, 後藤 真孝, 駒谷 和範, 尾形 哲也, 奥乃 博: "多重奏の音源同定のための混合音からのテンプレート作成法", 情報処理学会 第67回全国大会,3G-4, March 2005. (大会奨励賞)
  58. 藤原 弘将, 北原 鉄朗, 後藤 真孝, 尾形 哲也, 奥乃 博: "歌声の調波構造抽出を用いた歌手名の同定", 情報処理学会 第67回全国大会,3R-8, March 2005.
  59. 石田 克久, 北原 鉄朗, 武田 正之: "統計モデルに基づく旋律妥当性判定手法を用いた即興演奏支援", 日本音響学会2004年秋季研究発表会 講演論文集,2-6-8, pp.783--784, September 2004.
  60. 北原 鉄朗, 後藤 真孝, 奥乃 博: "未知の楽器を考慮する楽器音の音源同定", 情報処理学会 第66回全国大会,3ZA-3, March 2004. (学生奨励賞)
  61. 吉岡 拓也, 吉井 和佳, 北原 鉄朗, 櫻庭 洋平, 尾形 哲也, 奥乃 博: "音楽音響信号を対象とした和音変化時刻と和音名の同時認識", 情報処理学会 第66回全国大会,3ZA-4, March 2004.
  62. 北原 鉄朗, 後藤 真孝, 奥乃 博: "音響的類似性に基づく楽器音の階層的クラスタリング", 情報処理学会 第64回全国大会,1P-1, March 2003. (学生奨励賞)
  63. 吉井 和佳, 北原 鉄朗, 櫻庭 洋平, 奥乃 博: "教師なしクラスタリングと認識誤りパターンを利用した打楽器音の音源同定", 情報処理学会 第64回全国大会,1P-3, March 2003.
  64. 石田 克久, 北原 鉄朗, 柳川 貴央, 奥乃 博: "統計的アプローチに基づく即興演奏補正", 情報処理学会 第64回全国大会,1P-3, March 2003.
  65. 北原 鉄朗, 後藤 真孝, 奥乃 博: "音色空間の音高依存性を考慮した楽器音の音源同定", 日本音響学会2002年秋季研究発表会 講演論文集,1-1-4, pp.643--644, September 2002. [Slide in pdf]
  66. 柳川 貴央, 北原 鉄朗, 武田 正之: "即興演奏における演奏補正システム", 情報処理学会 第64回全国大会,1L-5, March 2002.
  67. 北原 鉄朗, 後藤 真孝, 奥乃 博: "楽器音オントロジー作成のための楽器音特徴抽出", 情報処理学会 第62回全国大会,4M-5, March 2001.

解説記事

  1. 北原 鉄朗, 永野 秀尚: "特集「音楽を軸に拡がる情報科学」編集にあたって", 情報処理(情報処理学会誌), Vol.57, No.6, pp.504--505, June 2016.
  2. 北原 鉄朗, 深山 覚: "自動作曲・自動編曲の現状と課題", 電子情報通信学会誌, 小特集「音楽情報処理技術:分析から合成・作曲・利活用まで」, Vol.98, No.6, pp.475--479, June 2015.
  3. 北原 鉄朗: "BOOK REVIEW: 音楽はなぜ心に響くのか---音楽音響学と音楽を解き明かす諸科学---", 日本バーチャル・リアリティ学会誌, Vol.17, No.4, pp.268, December 2012.
  4. 北原 鉄朗: "私のブックマーク「音楽情報処理」", 人工知能学会誌, Vol.24, No.5, pp.921--929, November 2009.
  5. 平井 重行, 橋田 光代, 北原 鉄朗, 竹川 佳成, 片寄 晴弘: "音楽とヒューマンインタフェース", 情報処理, 特集「音楽処理技術の最前線」, Vol.50, No.8, pp.756--763, August 2009.
  6. 北原 鉄朗: "音楽情報処理最前線! 楽器で音楽が探せる 「楽器認識技術」が叶える音楽の新しい聴き方・探し方", DTM Magazine, Vol.176, pp.102--103, February 2009.
  7. 奥乃 博, 北原 鉄朗, 吉井 和佳: "楽曲の特徴量抽出と検索技術", 電気学会誌, 特集「音響機器は進歩している」, Vol.127, No.7, pp.417--420, July 2007.

翻訳

  1. Bryan Pardo(著), 北原 鉄朗(訳): "音楽情報検索", Communications of the ACM 日本語版, Vol.6, No.2, pp.1--3, 2007.
  2. Avery Wang(著), 北原 鉄朗(訳): "Shazam 音楽認識サービス", Communications of the ACM 日本語版, Vol.6, No.2, pp.17--21, 2007.
  3. Francois Pachet(著), 北原 鉄朗(訳): "デジタル音楽配信のためのコンテンツ管理", Communications of the ACM 日本語版, Vol.4, No.2, pp.1--6, June 2004.

招待講演・パネルディスカッションなど

  1. "パネルディスカッション「エンターテインメントを深化させる音楽情報処理研究」", Computer Entertainment Developers Conference (CEDEC 2015), オーガナイザー兼パネリスト, August 2015.
  2. 北原 鉄朗: "大学で働く研究者", 日本音響学会2015年春季研究発表会 ビギナーズセミナー, March 2015.
  3. "計算機を用いた音楽創作支援の現状", 計測自動制御学会 先端電子計測部会講演会, 招待講演, November 2014.
  4. "CrestMuseXML Toolkitで始める音楽情報処理入門", 情報処理学会 第80回音楽情報科学研究会 チュートリアル, 講師, May 2009.
  5. "パネルディスカッション:作るだけでいいの?調べるだけでいいの?", 情報処理学会第78回音楽情報科学研究会・日本音響学会音楽音響研究会 合同特別企画, パネリスト, December 2008.
  6. "音楽の信号処理とパターン処理の基礎技術:入門と実践", 情報処理学会 第76回音楽情報科学研究会 チュートリアル, 講師, August 2008.
  7. "パネルディスカッション「``音''研究の未来」", 情報処理学会 音楽情報科学研究会・音声言語情報処理研究会 特別合同企画, パネリスト, February 2008.
  8. "新博士によるパネルディスカッション1「博士への道のりと将来への夢」", 情報処理学会第71回音楽情報科学研究会, パネリスト, August 2007.
  9. "パネルディスカッション「音楽情報処理研究者\{に,が\}望むこと」", 情報処理学会第51回音楽情報科学研究会, パネリスト, August 2003.

特許

助成金

学会活動